中国語会話1 父が中国語ネイティブなのですが父の捲舌音の

中国語会話1 父が中国語ネイティブなのですが父の捲舌音の。「shi」が「si」に、或いはその逆に変化する地域は多いです。こんにちは 中国語を勉強している日本と中国のハーフです 中国語はほとんど喋れません 父が中国語ネイティブなのですが、父の捲舌音の発音が、私が学んだものと違うことが偶にあります 例えば、『山』はshanではなくsanに聞こえます 『上海』もshanghaiではなくsanghaiに聞こえます でも『是』の捲舌音shiははっきりと聞こえます 他の捲舌音zh、ch、rにはこの現象は無いです shとsだけが同じように聞こえることがあります 父本人に聞いてみても、発音の違いを自覚していないようで的はずれな答えしか返ってきません 後に続く母音によって捲舌音shが薄くなる現象があるのでしょうか それとも、父が中国の南の方の出身なので、そちらの訛りでしょうか それとも父個人の発音の癖でしょうか どなたかお詳しい方、御教示願います 台湾の中国語。国語のほうの事情を見ると。本場中国という言い方も変かもしれないがで話
されている標準語と「国語」は同じはずなのだが。実際にはいろいろ違いがある
。まず発音で行くと。そり舌音が会話では完全に失われている。

日本人には英語と中国語のどっちが発音が難しいでしょうか。中国語です。 ラテン語やフランス語源の単語を除き。英語で発音が難しい単語は
あまり無いと日常生活と職業を通じて感じています。コツは一つ一つの音を
しっかり言い組み合わせることだ。との先生の教えが一番ためになりました。
なら”ゆ”ではなく。”いゆ”とそれぞれネイティブでない人がやりがちな中国語の
ミスは。どういうものがありますか?中国語の四声はとてつもなく重要で。
この発音を間違えると全く違う意味になってしまいます。なんで?おとうさん?
なの?中国語ネイティブスピーカーが直面する英語の発音問題トップ6。中国とアメリカは国の面積が大きいこと。方言がたくさんあること。愛国心が
強いといった面では似ています。ですが。言葉となると話は別です。中国語
スピーカーの英語での間違った発音は彼らの母国語に訳そうとする傾向

中国語会話1。そり舌母音1個 *発音してそり舌音 舌歯音。
ōó óá 中国的油条 中国の揚げパン ǒ ī īè 我
听音乐。 私は音楽を聴く 発音の規則 一.*声調の変化 表記 発音 声+声中国語発音学習教材。唇音。舌尖音。舌根音。舌面音。捲舌音。舌歯音。「舌」の字だらけですね。
中国語の子音を精確に発音するカギは。舌を正しい動線にそってスムーズに
動かすことです。そう。ポーズではなく。動きなのです。 初心者は。自分の舌の
動か日本中国語学会。学生の何気ない一言齋藤貴志?麗澤大学,第号, -; 「レアリア
を通して学ぶ」ことで学んだこと中西千香?立命館正直に白状しますと。私
には。その時さんが発音する“歌儿”と“根儿”に違いがあることはわかりましたが
。音声学的にどう違って音韻学についていえば。中国語を学べば必然的に日本
漢字音と現代中国音の違いが気になる。長い引用になってしまったが。当時。
このエッセイの影響力は強く。私の知るだけでも数名の先生がそのセットを
購入

今日から始める中国語講座第2回。日本人は漢字が読めるので。文章は漢字を見てなんとなく分かることが多く文章
の読解が得意です。しかし中国語上達の鍵は。最初に正確な発音を身につける
ことにあると言って良いでしょう。中国語の母音は基本的に単母音と。それを
組み合わせた複合母音があります。複合母音は上記の母音を複数組み合わせた
ものです。中国人にとって。このつは全く違う音で使い分けているのですが
。正直なところ。日本人にとってこのつをヒアリングで聞き分けるの[中国語]の記事一覧。知音夢裡尋の[中国語]カテゴリ全記事中ページ目-件の記事が
刊行された当時に掲載されていたものです『起きてから寝るまで中国語単語
とイキとは相性が悪い―無気と有気/「そり舌音」は“zi,ci,si”のあとで
それにしても。言語学をまったく学んだことのない人に限ってやたら「言語学

「shi」が「si」に、或いはその逆に変化する地域は多いです。地域によっては、一音の途中にある「h」の音が抜けたり加わったりするということです。ただ、これも特定の音だけに限ってということが多いです。「shi」は「si」と発音するのに「chi」はそのまま「chi」と発音していることもよくあります。これは、その地域の「方言」のようなものだと理解なされば問題ないと思います。なので、これから勉強されるのならとりあえず、学校で習った標準的な発音を身に付けられるのが無難です。>父本人に聞いてみても、発音の違いを自覚していないこれは、お父様の<音素の認識>によるものだと思います。中国語の「si」と「su」は、全く違う音ですがこれを日本人が片仮名で書き表せば、どちらも「ス」です。日本人の耳の中では「si」と「su」は共に、同じ「ス」という<音素の範囲>におさまる音だからです。だから「chi」などと違って片仮名表記に頭を悩ませることもありません。同じように中国人の耳の中では日本語の「カ」と「ガ」は同じに聞こえます。彼らにとっては、これらはどちらも「ga」となります。つまりこの二つは中国人には<同じ音素>の音となります。「shi」と「si」の場合、中国人には別の音素の音なのですがお父様が、その違いを自覚できていないならお父様の出身地では、この二つが<同じ音素>の音であると認識されているのだと思います。なので他の中国人の発音する「shi」は多少の違いはあるものの、自分の「si」と同じ<音素の範囲>の中にある音、そう認識されているのではないでしょうか。中国では、地域によって発音がかなり違います。「ri」なども、地域によっては、日本人には「じ」に聞こえたり「ひ」に聞こえたりと、いろいろです。それでもなんとか通じているのは中国語の「ri」の音素の中に「じ」や「ひ」がギリギリ引っかかっているからのようです。情報や交通、教育の発達した現代では「ri」を「じ」と発音する方々も自分の音が「標準的なものではない」と自覚されている方がほとんどですがお父様の場合、その認識が出来る前に中国を出られたなど、なにかの理由があるのかもしれませんね。お父様のような方は、中国では珍しくもありません。むしろ中国人の<音素>を学ぶという意味でお父様の言葉を耳にされるのはリスニングには有益だと思います。ただ、お父様の言葉を「耳で」覚えないようにそれだけは注意された方がいいのではないかと思います。日本語でもありますよね。「雰囲気」を「ふいんき」、「手羽先」を「てばたき」など身近な人の発する言葉を耳だけで学んだらそれが誤ったものだったということ。中国語のことはよく分かりませんが、そのような自覚のない発音揺れは、通常多くの場合は「教科書」と「現実」との差異です。本人の個人的な癖や方言であれば、過去に周囲の人達と比較する機会が絶対あったはずだからです。日本語でいう /su/ と /s/ や、韓国語の /b/ と /p/ など、「みんながやってるからこそ意外と誰も気づかない」ような発音揺れは、様々な言語で意外と見受けられます。そのような場合、通常多くの教則本にはどちらか片方しか掲載されず、発音揺れが存在すること自体も説明がないケースも多いです。

  • 子どもの部活動 ような状況で出られる試合なるやりプロなら
  • 扶養内で働く場合 扶養控除の範囲内抑えたいのメルカリやヤ
  • 楽天市場北原 北原恵子さん除いて
  • よくあるご質問 高速道路のETCの千円の均一の
  • 乃木坂用語集 現在19さいで乃木オタいう訳でなく握手会や
  • Leave a reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です